いばらき未来基金 組織・体制について
(運営についての仕組み・組織)

いばらき未来基金では、基金の円滑かつ透明・明確・客観的な運営を図るため、 下記の組織・体制を構築します。

組織・体制

1.運営委員会

運営委員会は、いばらき未来基金協議会(県モデル事業応募協議体)を母体としていますが、さらに企業・団体、研究機関有識者など多様な分野からの委員参画による構成とし、基金事業運営に係る方針の決定や助成対象の選定を行います。

<運営委員会の主な業務・役割>
  • 運営に係わる案件の審議や決定、運営に関する助言
  • 助成・支援を希望する寄付指定団体(事業)の選考・選定およびテーマ別寄付先団体の選考・選定。(運営委員の中で選考委員を兼務)
  • 寄付金額を含めた基金の財務状況の定期的確認と事務局への助言
  • 各委員の活動経験を生かした、基金事業への協力
  • 定期的な運営委員会の開催
  • 運営委員長の設置と任期を設定、規約の作成
セクター区分
所属
役職名
氏名(順不同)
運営委員会での役職名
有識者茨城大学 人文学部 社会科学科名誉教授帯刀 治委員長
メディア株式会社 茨城新聞社 編集局編集総務菊地 克之副委員長
事業者一般社団法人 茨城県経営者協会専務理事澤畑 慎志委員
公益社団法人 日本青年会議所 茨城ブロック協議会歴代会長竹内 盛恭
関彰商事 株式会社総務部長葉 章二
金融
株式会社 常陽銀行 営業推進部 総合金融サービス室次長関 敏幸
労働日本労働組合総連合会茨城県連合会(連合茨城)事務局長日下部 好美
生産者JA茨城県中央会農政広報部次長神永 健司
消費者パルシステム生活協同組合連合会執行役員・地域支援本部長林 一雄
生活協同組合 パルシステム茨城専務理事塚本 昭二
NPO認定NPO法人 茨城NPOセンター・コモンズ常務理事・事務局長横田 能洋

2.事務局

事務局は事務運営に関わる諸業務を担当します。

・基金事務局については当面、認定NPO法人茨城NPOセンター・コモンズ内に設置

3.ワーキンググループ

基金運営に関して、広報ほか各業務部門の実働組織としてワーキンググループを設置します。ワーキンググループは、事務局のワーキングパートナーとしての役割も担います。

ワーキンググループは、前年度の準備検討委員ほか、基金に賛同しサポートする外部関係者やサポーターとして共に動いていただく一般の方を含めて構成しています。

※いばらき未来基金では、基金を応援・支援する応援団(団体・個人)やサポーターを募集しています。


ページトップへ