テーマ3.地域のつながりを育む活動
助成活動・レポート

【寄付受付終了】古民家「華の幹」の再生からはじめる 筑波山麓活性化モデル事業

事業指定助成

募集金額 3,000,000円
現在の支援者数 5人
現在の寄付金額 31,000円
組織概要

団体名: 小田古民家再生保存の会・華の幹
住所:〒300-4223 茨城県つくば市小田3034
連絡先電話番号:080-5544-536
メールアドレス:hananokioda@gmail.com
WebサイトのURL:http://blog.livedoor.jp/odakominka/

私たちはいばらきの未来をこう変えます!

※ この事業は、寄付受付を終了致しました。ご協力、誠にありがとうございました。

いばらきに残る古民家を、人々の活動、交流の場として活かし、使い続けることで、生きた遺産として次世代に引き継いでいきたい。子供達が誇りに思えるふるさと、いばらきの原体験の場として、豊かな自然と共存する暮らしの技、茨城の伝統文化を継承し、人と人を繋げる場にします。古き良き古民家のある風景を守り、活かしていくことで、過疎化が進む農村部に活性のひかりをあてていきたい。さぁいばらきにしかできないおもてなしをはじめましょう


事業内容

※ この事業は、寄付受付を終了致しました。ご協力、誠にありがとうございました。

古民家「華の幹」を小田城と宝篋山を訪れる年間10万人のお客様を迎える場として、保健所から営業許可を得るためには、「水洗トイレ」と「清潔な台所」が絶対になくてはなりません。華の幹が観光客でにぎわい、地元の人たちの雇用を生み出したとき、小田地区の古民家のまちなみは未来へと受け継がれ、生きた歴史遺産・城下町として愛され守られることでしょう。


対象者

都会の田舎暮らしにあこがれる若者や親子、学園都市の研究者と外国人・地元の高齢者

助成金の使途

30万円で上下水道を引けます。
50万円で水洗トイレが1個、設置できます。(2個必要です。)
70万円でトイレと台所の壁、屋根、床、雨どいの整備ができます。
100万円で清潔な台所・厨房セットを購入できます。

この活動に寄付をする

  

ページトップへ