テーマ1.人々の自立やコミュニティをつくる活動
助成活動・レポート

福島からの避難者を応援する「ホープ常磐プロジェクト」

自主事業

募集金額
現在の支援者数 30人・団体
現在の寄付金額 624,050円
事業内容

東日本大震災直後から、多くの市民、NPO、生協、労働団体、企業が協力して津波被害が大きかった北茨城といわき市への支援がスタート。2012年からは、原発事故の影響で本県に避難している約4千名の方々と共に生活再建を応援しています。福島の方向けの情報誌発行、各地での交流茶話会、自助グループの活動支援、こどもたちの学習支援、茨城での生活や仕事の支援、訪問による生活ニーズのききとりと行政への働きかけが主な活動内容です。先が見えない中で今も課題に直面している方々に寄り添う活動を継続するためご協力下さい。




※ 以下の動画は、茨城のメディア連携NPO広報プロジェクト「市民社会をつくる ~県内NPOの挑戦~」の一環として、茨城県営インターネット放送「いばキラTV」に出演した際の動画です。ホープ常磐プロジェクトの一環として活動を行っている「ふうあいねっと」の事務局 天井 優志が活動紹介を行っていますので、ぜひご覧になってください。



この活動に寄付をする

  

ページトップへ