企業として応援する

顧客満足度向上と、社員モチベーションの向上が社会貢献へつながるために

地元企業として、ぜひご協力をお願い申し上げます。
企業としてご協力いただく方法には、次のような方法があります。

1.顧客参加型の寄付企画(寄付付き商品・サービス)

寄付付き商品の開発と販売、募金箱の設置など

2.社員参加型の寄付協力

給与などの端数寄付、社員食堂への募金箱設置など

3.冠助成型プログラム

上記によって得られた益金等をもとに貴社のご意向に沿った寄付先を仲介

4.顧客・社員の皆様へ向けた市民活動の情報提供

基金パンフレットやカタログの配布、NPOスタデイツアーなど

5.ボランティア参加

イベントへの出展協力、社員の方のボランティア協力

企業ご支援の事例

「JA茨城×パルシステム茨城×干しイモ生産者」

茨城特産の干しイモは、年末年始の贈答品としても高級食品として消費されていましたが、東日本大震災の風評被害の影響で、値崩れが起き、生産量を抑えている農家も増えています。JA茨城県中央会、パルシステム茨城の協力により、干しイモをいばらき未来基金の寄付つき商品として、福島からの避難者などを支援する活動に売り上げの一部が寄付されるしくみを作りました。生協だけでなく、労働団体や経済団体、大学など、多様な関係者で運営する未来基金の特徴をいかして、多くの人が、買い物を通じた寄付の試みをはじめます。

花王・ハートポケット倶楽部 地域助成

花王グループ社員による社会的支援を目的とした「ハートポケット倶楽部」会員の皆様のご寄付を原資として、冠助成を実施しています。


ページトップへ